HOME採用情報先輩社員メッセージ(溝下 雅樹)

先輩メッセージ スタッフメッセージ 先輩メッセージ

溝下 雅樹
エネルギーというインフラを扱い、
多くの人の役に立てるのが魅力

入社前は、市役所の課税課に勤務する公務員で、市民税や、所得税の確定申告などを計算することが主な業務でした。約5年の勤務を経て当社に転職しました。 当社が扱うエネルギーはインフラなので、他業種と比べてより多くの人の生活に影響を与え、役立つことのできる仕事で、その点は公務員と通じるところがあると思います。実際の仕事内容は、ルールや書類の書式など若干違うところはありますが、数字を扱うという意味では大きな違いはありません。

他部署とのコミュニケーションが重要になる

伝票チェックや入出金業務が経理の日々の仕事です。また、四半期ごとに財務状態と経営成績を三菱商事に報告することも重要な業務です。日々の仕事の積み重ねが四半期ごとの仕事につながります。他にも部内の各担当者の連携を強化するために、担当別の業務内容マニュアルを作成したり、ミーティングの機会を設けるなどの取り組みもしています。決算、部署別の利益、部署間の関係など、数字を介して会社の状態を見られることが、経理という仕事の醍醐味です。物の流れや販売状況を知る営業部門とはまた違う視点で、会社の状況を把握している部署なのではないでしょうか。経理には、人とあまり接することなく黙々と数字を扱っているようなイメージがあるかもしれませんが、営業部門に対して取引内容について確認したり、営業と会計のシステム連携についてIT企画推進部と話し合ったり、リスクマネジメント部と債権債務の状況について確認し合ったりと、他部署とのコミュニケーションは不可欠です。各支店の担当者同士の顔合わせの機会を作るなど、他部署間の交流を盛んにしようとする試みも始まりました。社外では、監査法人、税理士法人、三菱商事グループ内の他社の経理の方々との交流会などがあります。

スキルをさらに磨き、管理部門のスペシャリストに

今後は、経理のスキルをさらに磨いて会社に貢献していきたいと思います。まずは、経理の経験が活かせる管理部門のスペシャリストを次のステップとして考えています。もちろん自社だけではなく、関連会社も含めて自分の幅を広げられたらと思っています。三菱商事グループの様々な会社と接点があり、他社や他業種を見る機会が多いことは当社の強みで、経理でも、グループ内での交流会があります。例えば、ある取引をどう処理しているか、どう仕事を回しているかなど、グループ内ではある程度同じルールのもと仕事をしているので、相談しやすい環境が整っています。実際に自分が入社してからも、交流会で知り合った先に訪問し、経理財務部内の業務改善につなげたり、新規システム導入に活かすヒントや問題の解決策を見つけることができました。

Message

グループのバックグラウンドがあり、会社として知識や経験の蓄積があるので、今の知識に不安があったとしても、どんどん質問でき、教えてもらえる環境です。自分自身の見識を広げつつ、社会に貢献できるやりがいにつながっています。

※所属は取材時のものです。