ENGLISH

社長メッセージ

社長メッセージ当社は石油製品販売事業の更なる強化・拡大を目的として、三菱商事が行う産業需要家向重油販売事業を三菱商事から分割の上、三菱商事石油・エムシー・エネルギーが統合し、三菱商事エネルギー株式会社として2015年10月1日に新たな船出を致しました(両社の略歴等については、「沿革」の項目をご参照下さい)。

日本のエネルギー業界では、少子高齢化や省エネといった要素に加え、東北大震災以降にはエネルギー基本計画の見直しが行われエネルギーの多様化が提唱される等、当社を取り巻く環境は大きく変化を続けています。

こうした構造変化の中でも、エネルギーを安定して供給する事の大切さや、供給の拠点であるSSの役割の重要性には変わりがありません。また、近い将来に期待されるインフラ整備に於ける内需の拡大局面では、国内で有数のシェアを誇ると共に物流にも確固たる地位を築いているアスファルト事業が重要な役割を果たすものと考えています。また、諸工業の発展には潤滑油の存在が不可欠であり、私共は高い専門性を以ってビジネスの可能性を追求致します。

このように多様化する従来の国内ニーズに木目細かに向き合う一方、私達は太陽光発電事業への参入や車関連事業への進出を通じて、地域の特約店の皆様方へのサポートを行う等、将来に向けた取り組みにもより注力して参ります。また、国内外に広く展開している船舶用燃料の供給事業や三菱商事のグローバルなネットワークを通した豊富な業界知見や情報量に基づく海外への展開にも取り組んで参ります。

私達が実現を目指すのは、主に以下の4点です。

  • 三菱商事・三菱商事石油・エムシー・エネルギーに分散していた事業領域を統合会社に集約の上で取引規模の拡大を図り、競争力強化を目指すこと
  • 業務部門の大括り化・業務の効率化・業務の合理化を進める事で競争力のより一層の強化を目指すこと
  • 車関連商材や新エネルギー等の新規事業分野の取り組みを進化・深化させること
  • 産業・社会の基盤であるエネルギーインフラの維持運営を今後とも継続し、社会に貢献すること

今回の経営統合を通し、業界トップクラスの事業規模を保つ事で競争力のより一層の強化を含め御取引先様のご期待に副えます様、全力を尽くして参ります。今後とも倍旧の御支援・御愛顧を賜ります様お願い申し上げます。

代表取締役社長 鎌倉 上